このページの先頭へ

茨城県土浦市・つくば市のホームページ制作、CMS、SEO対策、クラウド等を適正価格で提案するWEBソリューションパートナー

バックアップで安心を手に入れる

バックアップで安心を手に入れる

不測の事態に備え、バックアップは欠かせない。
WordPressなどのCMSからお客様が登録するデータは日々更新されるので、バックアップは必須である。

FTP領域のファイルとDBデータを10世代分、クーロンやバックアッププログラムを毎日走らせて二重に保存している。他方がダウンしてもいいように、石橋を叩いている。

不正アクセス時代

不正アクセス時代

サーバー上の個人情報が漏洩したというニュースが絶えない。
残念ながらどんなにセキュリティを強化したところで、政府機関や企業への不正アクセスは止まらず、ヤフーのIDやパスワードも、Gmailアカウントも、オンラインショッピングのクレジットカード情報も、米国防総省の最高機密ですら、流出してしまう時代になってしまった。

知らぬ間にカード被害

知らぬ間にカード被害

自宅に有名なクレジット会社名を名乗る女性から電話がかかってきた。
直ぐに応答できなかったので、相手先の電話番号を聞いて一端電話を切り、改めてかけ直すことにした。
新手の振込め詐欺かなと注意しながらメモした電話番号にかけて用件を伝えると、先方からかけ直すという。フリーダイヤルではなかったので通話料を配慮した対応だろうかと不安になる気持ちを押さえつつ、警戒の度合いを強めた。

レンタルサーバー選定

レンタルサーバー選定

レンタルサーバーのファーストサーバにおいて大規模な障害が発生し、WEB、メール、データベースなどのデータが一部消失する事態になっているようだ。
レンタルサーバー会社でこういった規模の障害を聞いた記憶は無いが、別環境へのバックアップはしていなかったのだろうか。

ちょっと怖い話なので、自社提供の環境を点検してみた。
Whoが提供するサーバー環境は、詳細は控えるが、都内23区内にデータセンターを設置し、サーバー稼働率100%を謳ったSLA(品質保証制度)を採用、IT サービスマネジメント国際規格「ISO 20000」の認証を取得している。

見知らぬ広告バナー

見知らぬ広告

突然、自サイトのフッターに見知らぬ広告バナーが掲載されていてビックリ!
HTMLソースをみても、該当箇所にそれらしき記述はなし。
悪質なウイルスにやられたかなと思いつつ、グーグルさんに聞いてみたら、どうやらクロームの拡張機能が原因でした。

このバナーは、ツール開発者の広告収益源のようです。
それは分かるのですが、WordPress管理画面にまで表示されてはいただけない。

不測のメール送信エラー

不測のメール送信エラー

最近、特定のお客様の送信メールが、当ドメインのwho.ne.jp宛に届かなくなる現象が発生しました。
突然、何度送っても送信者宛に配送エラーを知らせる警告メールが送信されるようです。
「送信元メールアドレス(FROM)」「送信先メールアドレス(TO)」「送信日時」「送信時に表示されたエラー内容」を基に原因を調査し、次のようなことが分かりました。