このページの先頭へ

茨城県土浦市・つくば市のホームページ制作、CMS、SEO対策、クラウド等を適正価格で提案するWEBソリューションパートナー

勝手に同期されてちょっと困った「SkyDrive」

勝手に同期されてちょっと困った「SkyDrive」

Windows 8.1の新機能の1つとしてSkyDriveがOSに統合され、パソコン内にあるファイルやフォルダーを表示させる従来のエクスプローラー同様に、シームレスにネットワークサービスを利用できるようになった。

SkyDriveは、マイクロソフトが提供するクラウドストレージサービス。

カバンの中のDropbox

カバンの中のDropbox

Dropboxを使いはじめて3年目の更新を迎えた。
その間、Googleドライブ、Yahoo!ボックス、SugarSync、Bitcasaなど様々なオンラインクラウドストレージを試すことで、結果的に現時点において自分の用途に一番適合するサービスはDropboxであるという確証が増した。あらゆるクラウドサービスで問題となる同期速度は別として、現在のところ取り立ててDropboxに不満はない。

遂に見つけた、動画クラウドに最適な『Bitcasa』ストレージサービス

遂に見つけた、動画クラウドに最適な『Bitcasa』ストレージサービス

手持ちの動画ファイルをクラウド化したい。
音楽ファイルはGoogle Musicに入れて持ち歩き、ビジネス上のドキュメントファイルはDropboxのオンラインストレージ領域に同期した。次にクラウド化したいデジタルコンテンツは、長年ローカルディスクと外付けHDDへの引っ越しを繰り返してきた動画ファイル群が対象で、そろそろ安定した置き場を確保してもいい時期だろう。

OneNoteを使ってみた

OneNoteを使ってみた

Windowsストアでよく見かけるOneNoteアプリ。漠然と以前から使っているEvernoteと同じようなクラウド型メモ帳アプリだろうと短絡的思考の末、新しいアプリの使い方を習得するのも正直なところ面倒臭く、自分には必要のないものと結論付けた。

一方、最近は紙ベースの手帳をすっかり持ち歩かなくなり、外出中にメモを取るのに一苦労することがある。打ち合わせ議事録の下書き、画像や図形を使った書き込みなどはもとより、

FTP情報を持ち歩く

FTP情報を持ち歩く

外出先でWebサイトの更新作業を行うことがある。
CMSで発信しているホームページはブラウザーで管理画面にアクセスして更新することができるが、静的なホームページやPHPプログラムなどの場合、更新ファイルはFTPソフトを使って上書きする必要が生じる。ファイルマネージャーを使う手もあるが、更新サイトが全て対応しているとは限らないので、そんなときには、バッグに入っているタブレットに最新のFTP情報が反映されていないと困ったことになる。

音楽PVのクラウド化

音楽PVのクラウド化

音楽クラウドサービスには、iTunes Matchのように好きな曲だけを購入するアラカルト形式やSpotify(スポッティファイ)のように1,000万曲以上の楽曲を定額料金で聴き放題になるサブスクリプションといったサービス形態がある。
私の場合は、自分で所有している約1万強のmp3ファイルをGoogle play Musicにアップロードしてスマホ、パソコン、タブレットなどの端末で再生している。

どこでも事務所

どこでも事務所

Win 8のプレビュー版をインストールしたタブレットPCの使用期限が切れてからというものモバイル環境下ではスマホに頼る場面が多くなった。これまでもメール送受信、WordPress更新程度なら代用してきたが、スマホの狭い画面で苦もなく作業をすすめることにもすっかり慣れた。
とはいえ、画像加工、FTPフィル更新、Office系ソフトの運用、プログラム制作、サーバー管理といった作業を効率良く行う際、

日本の音楽クラウド動向

日本の音楽クラウド動向

クラウド関連のニュースは毎日のように配信され、ガジェット情報系サイトの掲載欄を頻繁に飾っている。
私にとってメールやドキュメントなどのクラウド利用は、個人やビジネスの双方において既に欠かせないものになっているが、一般的にも確実に身近なものになりつつあるようだ。
音楽クラウドサービスもそのひとつで、最近アマゾンとアップルの記事を目にした。

水島新司に呼ばれた

水島新司に呼ばれた

おおたかの森ショッピングセンターにある紀伊國屋書店に行こうと車を柏方面に走らせたが、この辺のTX沿線沿いは開発が急ピッチで進んでいるため道路工事中による迂回路が多く、来るたびに新しい道路の開通や行き止まりの道が延長されて他の道と接続されるといった街並みの変化が著しく、そのため目的地までの道のりは迷路のように入り組んでしまい、車のナビも道なき道を走るばかりで全く役に立たなくなり、目的地にたどり着くことができずに諦めムードが濃厚になったとき、ショッピングセンターなら主要道路には広告看板があるはずと思ったが、走行中の車窓からは近隣のららぽーと柏の葉の看板しか見つからず、仕方なく紀伊國屋は断念し、行き先を16号線沿いにある柏と野田のブックオフに変更した。

Evernoteでコミック品揃え

Evernoteでコミック品揃え

同じ本を購入してしまうことがある。
小説はめったにないが、同じ巻数のコミックは、最大で3冊位貯まってしまっていると思う。

これはブックオフなどで(今数えてみたところ)190ものコミックを品揃え中だからだ。
買い揃えているコミックは、Evernoteに購入履歴を記入して重複を避けているが、ついつい同じものを買ってしまう。

outlook.com

outlook.com

個人的な写真はSkyDriveに保存している。
デジカメ写真は結構容量がかさむので、25GBの無料領域は非常に重宝している。
写真屋さんには有る程度撮りためてからプリントアウトしに行くが、SkyDriveには日付単位、イベント単位で即保存している。
フォルダー単位でアップロードした写真はグリッド状に表示され、フォルダー内の写真がランダムでスライド再生するので見ていても楽しい。

Office 2013 CP版 in Win8 RP版

Office 2013 CP版 in Win8 RP版

Office 2013のCP版が公開されたので、さっそく試してみることにした。
今度のOfficeの最大の特徴は、Win8に最適化され、タッチパネル端末にも対応したインタフェースということだったので、インストール先にはWin8 RP版が入っているacerタブレットを選んだ。

モバイル事務所のノマドワーカーたち

モバイル事務所のノマドワーカーたち

ノマドワーカーという活字を最近見かける。
ポジティブな意味合いで使っているのかどうかは不明だが、「ノマド」とは「遊牧民」を意味し、仕事場をオフィスや自宅に限定せず、図書館やカフェ、ファミレスといった自分がくつろげる場所で仕事をする人のことを指すようである。

どこにいても、スマートフォンで連絡は取り合え、ノートパソコンやiPadなどのタブレットさえあれば情報は手に入る。

どれがいいのか? Dropbox、SkyDrive、Google Drive

どれがいいのか? Dropbox、SkyDrive、Google Drive

Dropbox、SkyDriveに加え、Google Driveが公開され、オンラインストレージサービスが一通り出揃った感があります。
現在、この3つのデスクトップアプリがメインPCに常駐しているわけですが、それぞれ特徴があり、自分にあったサービスの使い分けを検討しています。

三者ともデスクトップアプリをインストールし、専用フォルダーにファイルやフォルダーを入れると、ネット上に同期される仕組みです。

Google Driveがやってきた

Google Driveがやってきた

Google Driveの開始メールがやっと届いたので早速試してみました。
動画は、やはりGoogle AppsやDocsと同じ機能で、avi mpeg flv mp4 movなどほとんどの規格がストリーミング再生できました。
これでMP3に続いて、外付けHDDに眠る800GB程度のミュージックPV系の動画をクライド化できます。

ブラウザからアクセスした第一印象はGoogle Docsと同じインターフェースであり、何も戸惑うことなくスムーズに作業を進めることができました。

スタートアップ領域が満員御礼

スタートアップ領域が満員御礼

Google Driveが公開された。
現在、オンラインストレージは有料で50GBのDropboxを利用し、メインで使っているディスクトップパソコン、外出用のノートパソコン、Windows 8 Consumer Previewで稼働中のタブレットPC、そしてスマホのGALAXY Tab初号機を同期させている。

使い勝手が良くDropboxには何の不満もないが、先日バージョンアップし本腰を入れてきたSkyDriveのWindows 8との今後の連携動向や30GB無料のNドライブでの動画ストリーミング再生など、気になるオンラインストレージがあり、Dropbox、SkyDrive、Nドライブをスタートアップで起動しているので、パソコンの負荷が少々心配である。