このページの先頭へ

茨城県土浦市・つくば市のホームページ制作、CMS、SEO対策、クラウド等を適正価格で提案するWEBソリューションパートナー

rajiko.jpプレミアムの私的弊害

rajiko.jpプレミアムの私的弊害

これまでradikaというパソコンのフリーソフトを使ってJUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力を録音していたが、3月24日の放送を最後に録音ができなくなってしまった。
今までにも幾度となくあったradikoのサーバー負荷による録音失敗と思っていたが、それにしては録音ファイルがまったく生成されない。録音がうまくいかないときでも番組全体の2時間丸ごと失敗することはなく、寸断された数十分間のファイルはかならずあった。今回はそれすらない。

非公式Google play Music再生アプリ「outcoldplayer」

非公式Google play Music再生アプリ「outcoldplayer」

WinストアにはGoogle公式アプリがなくGoogle play Musicの代替えアプリとして「gMusicW」を使用してきたが、このアプリが最近アップデートして、よりGoogle play Musicライクになった。
アプリ名だけGoogle play Musicらしくない「outcoldplayer」に変わったが、機能は公式のAndroidアプリとPCブラウザーで提供されるサービスと同等な機能を備えている。

Microsoft Office Mobileをファブレットにインストール

Microsoft Office Mobileをファブレットにインストール

マイクロソフトがAndroidおよびiPhone版「Office Mobile」を無料公開したので、早速インストールしてみた。
GALAXY S3αは問題なくインストールできたが、どういうわけかXperia Z UltraではGoogle Play Storeで該当アプリが見つからないので、直接Office MobileアプリのURLにアクセスしたところ「お使いの端末はこのバージョンに対応していません。」と言われてしまった。

どうやらXperia Z Ultraのようなファブレット型やNexus 7といったタブレットには非対応のようだ。

Google Chrome 32って本当に安定版リリースなの?

Google Chrome 32って本当に安定版リリースなの?

「Google Chrome 32安定版リリース」といった記事がIT系ニュースサイトで散見され、ChromeのWindows 8モード(Googleは従来の呼称を継続しているので、以下Metroモードとする。)での表示が改善したとの情報を得た。ブラウザの起動を繰り返していれば最新版へのアップデートは自動的に行われるはずだが、早くMetroモードを試してみたかったので、早速Surface ProのChromeをバージョンアップすることにした。

Win8.1のGoogle play Musicアプリについて

Win8.1のGoogle play Musicアプリについて

Surface ProにAndroidアプリのエミュレータ「Genymotion」をインストールしたので、Google play Musicの使い勝手を試してみた。

Nexus10の画面からアプリを起動して曲を選択すると、もっさりと緩慢な動きで画面が追随し、ややこもったような曲が流れ出した。Surface Proのスピーカーの所為かなと思い、ブラウザーやgMusicWというwinストアアプリで聴き比べてみた。

Androidアプリのエミュレータ「Genymotion」を試す

Androidアプリのエミュレータ「Genymotion」を試す

8インチWinタブレット購入に備え、Androidアプリのエミュレータ「Genymotion」をSurface Proで試してみた。
何が悲しくてWindows8.1タブレットのデスクトップ画面でアンドロイドアプリを起動しなくてはならないのかと思いたくなるが、Winストアアプリがなかなか充実せず、私にとって定番必須アプリすら揃ってないのでやむを得ない。

8インチWindowsタブレット市場

8インチWindowsタブレット市場

今夏、世界初の8インチWindows8搭載タブレットという大々的なキャッチコピーでリリースしたAcer ICONIA W3-810だが、TFT液晶ディスプレイの画質の悪さに酷評が集まり、売上も今一つ冴えないようだ。早々にエイサーは次世代機に舵をシフトしたようで、現行機の在庫処分セール値が4割ほど下がり、日本価格が海外版にやっと追いついた形だ。

母艦と子機

母艦と子機

スマホでパソコンを遠隔操作できるリモートデスクトップアプリ。
個人的な趣味は別として、外出先で仕事をするような業種の方は、ノートパソコンを持参の上、必要なデータはクラウドなどを利用して共有可能な環境を整えているだろうから、スマホ=パソコン間というマニアックな使い方にどのような有用性があるかすぐには思い当たらない。
だが、この関係がスマホ=タブレット間ではどうだろう。

例えば母艦機としてiPadやNexusを鞄に入れて持ち歩く。

カニ印のFlashに導かれて

カニ印のFlashに導かれて

今から17年前、初めてのデスクトップ型パソコンをT-ZONE土浦店で購入した。
T-ZONEは土浦駅東口から県道土浦港線を神立方面に1kmほど進んだ場所にあった。私が知る限り土浦初のパソコン本体やパソコンパーツを販売する本格的な専門店であったが数年前に閉店。現在T-ZONE跡地にはPCデポ土浦店が営業している。

Win8で使えるGoogleカレンダーアプリ

Win8で使えるGoogleカレンダーアプリ

依然としてWindowsストアにGoogleの公式アプリが並ばない。
AndroidのPlayストアにマイクロソフトの公式アプリが遅々として姿を見せなかった事情と同様に、競合するOS間で両社の駆け引きが牽制し合い、消費者は蚊帳の外といったところか。
マイクロソフトは未だにオフィス製品のAndroidアプリを提供していないのだから、Googleだけを責めるわけにもいかない。

OneNoteを使ってみた

OneNoteを使ってみた

Windowsストアでよく見かけるOneNoteアプリ。漠然と以前から使っているEvernoteと同じようなクラウド型メモ帳アプリだろうと短絡的思考の末、新しいアプリの使い方を習得するのも正直なところ面倒臭く、自分には必要のないものと結論付けた。

一方、最近は紙ベースの手帳をすっかり持ち歩かなくなり、外出中にメモを取るのに一苦労することがある。打ち合わせ議事録の下書き、画像や図形を使った書き込みなどはもとより、

FTP情報を持ち歩く

FTP情報を持ち歩く

外出先でWebサイトの更新作業を行うことがある。
CMSで発信しているホームページはブラウザーで管理画面にアクセスして更新することができるが、静的なホームページやPHPプログラムなどの場合、更新ファイルはFTPソフトを使って上書きする必要が生じる。ファイルマネージャーを使う手もあるが、更新サイトが全て対応しているとは限らないので、そんなときには、バッグに入っているタブレットに最新のFTP情報が反映されていないと困ったことになる。

新しいインターフェースになったGoogle play Music

新しいインターフェースになったGoogle play Music

Google play MusicのGUIが大きく変わった。
いつものようにアクセスすると、これまでとは違った大小様々なインスタントミックスとアルバムのジャケットが並んでいた。

先日発表された定額制音楽配信サービス「Google Play Music All Access」に向けた刷新だと思う。このサービスは1か月あたり9.99ドルの定額料金で何百万もの曲が聴き放題になり、お気に入りの曲をGoogle+で共有することができ、2万曲までクラウド上に保存することが可能らしい。

復活のスタートボタン

復活のスタートボタン

Windows8のディスクトップにスタートボタンを復活させた。
これまでの慣れ親しんだGUIが大きく変わり、ディスクトップ画面の左下にスタートボタンが無くなり、目的のディスクトップアプリは画面右のチャームから「検索」ボタンを押して表示される「すべてのアプリ」から探すことになる。これが従来のスタートメニューに相当するものだ。
もちろん以前と同じようにショートカットをディスクトップ画面に作成しておけばすぐに起動できるが、

Win8のGoogleサービス対応アプリ

Win8のGoogleサービス対応アプリ

WindowsストアにGoogle公式アプリがないので、Googleアカウントとの同期を利用している身にとってはとっても辛いWindows8環境である。
従来のデスクトップ以外は期待していなかったとはいえ、スタート画面にピン留めしたアプリを見るたびにがっかり感は募るものだ。

残念ながら、現時点ではExchange ActiveSync接続サポートをGoogleが終了したことで、標準プレインストールのメールとカレンダーアプリは使い物にならない。

カレンダーアプリの向こう側に垣間見えるもの

カレンダーアプリの向こう側に垣間見えるもの

Windows8のカレンダーアプリからGoogleカレンダーのアカウントが消えた。
プレビュー版にはあったはずだが、Surface Proには見当たらない。
どうやら、Googleが複数のデバイス間で電子メール、カレンダーの同期を支援するExchange ActiveSync接続のサポートを終了したことで、Googleカレンダーをカレンダーアプリと同期することができなくなったようだ。

スマホではカレンダーのウィジェット機能を使って直近のスケジュールをホーム画面に表示している。

スマホのバッテリー事情

スマホのバッテリー事情

スマホのバッテリーは一日持たないので、充電器は手放せない。
使い続ければ当然減りは早くなるが、スクリーンオフ状態でも勝手にバックグラウンドで起動するアプリが多く、就寝時にはバッテリーが50%以上残っていないと電池切れが心配で寝付きが悪くなる。

Office 2013 CP版 in Win8 RP版

Office 2013 CP版 in Win8 RP版

Office 2013のCP版が公開されたので、さっそく試してみることにした。
今度のOfficeの最大の特徴は、Win8に最適化され、タッチパネル端末にも対応したインタフェースということだったので、インストール先にはWin8 RP版が入っているacerタブレットを選んだ。