このページの先頭へ

茨城県土浦市・つくば市のホームページ制作、CMS、SEO対策、クラウド等を適正価格で提案するWEBソリューションパートナー

電話代実質値上げの妙

電話代実質値上げの妙

ドコモのスマホ通話料が今月から定額制になり、値下げされるということなので近くのドコモショップまで足を運んだ。平日にもかかわらず窓口はふさがっており、順番待ちを指定する機械が吐き出す紙切れを握り、暫し待つことにした。程なくアナウンスの声が呼ぶ私の番号が店内に響いた。

通話はほとんど使っていないので、本当に値下げになるんだろうかと思いながら、窓口で試算してもらうことになった。契約数は2台、私の携帯は10年をはるかに超えて使い続けているので少しは安くなる恩恵にあずかれるかなと淡い期待を抱いたのも束の間、実質値上げになってしまうことが判明。

ドコモに続きソフトバンクとauも横並びの定額2,700円に値下げするというが、知り合いの方もほとんど値上げになってしまうようだ。
どんな魔法を使ったものか、この値下げ合戦がニュースサイトをにぎわせている。LINE、Skype、IP電話などを使えば音声通話はタダである今の世の中、一体どういう人たちが値下げの対象になるのやら。

実を言うと私は、この新プランにははじめから懐疑的であまり信用していなかったため、値下げ報道の内容をよく読んでいなかった。そのため、格安SIMに対抗した値下げなのかな、と勝手に思い込んでしまった節がどうやらあったようで、値下げどころか値上げになってしまうことが判明したときの失望感は、何度も裏切られた十数年来の友人に、今度こそは本気だからと熱心に説かれていざ信じてあげようと振り返った瞬間、舌をペロッと出した友人の懲りないしたり顔を見てしまったようなものだった。

各キャリアはパソコンのプロバイダー的な存在に甘んじて頂きたいわけだが、相も変わらず今度はガラケー兄貴の弟にあたるガラスマを育てあげ、削除できず使い道のないプリインストールアプリでバッテリーを消耗し続け、羊がうろうろするセンスの悪いホーム画面で翻弄して、自社のサービスにユーザーを取り込もうとする必死の形相が丸見えで浅ましい限り。

皮肉にも格安SIMを使ったほうがはるかに安くなるという逆効果の宣伝になっている。

関連キーワード:
最近の関連する記事
過去の関連する記事