このページの先頭へ

茨城県土浦市・つくば市のホームページ制作、CMS、SEO対策、クラウド等を適正価格で提案するWEBソリューションパートナー

ThinkPad 8 アプリインストール・Bluetoothテザリング編

ThinkPad 8 アプリインストール・Bluetoothテザリング編

デスクトップアプリのインストール待ちの間、改めてThinkPad 8を使用するうえで必要となる、またはアプリが充実するまで代用せざるをえないWinストアアプリを確認した。

メールアプリはとりあえず「標準のメールアプリ」。
HotmailやOutlook.comのアカウントならおそらく問題は発生しないだろうが、Gmailのアカウントを使用するときには注意が必要である。
私は仕事用のドメインはGoogle Appsを使ってクラウド化しているのでメールアプリはGmailとの同期が前提になる。このアプリはマイクロソフト製なので意図的はどうかは別として、Googleの仕様は想定外にあるようで、一見Gmailと同期しているように見えてしまう落とし穴がある。現時点で同期は表面上だけであって昔のPOPサーバーのような挙動を見せる。
具体的に言うと、Surface Proで下書きを行う。この下書きはブラウザでGmailページにアクセスしても存在しない。さらにThinkPad 8で同アプリの下書きフォルダにもこのメールはないのだ。IMAP方式ではなく、パソコンごとにメールを保存する昔のメールソフトのようなものだ。

ThinkPad 8 アプリインストール・Bluetoothテザリング編カレンダーアプリは、gmail calendarを使用。
当然Google公式アプリではない。新規イベントがたまに同期されないときがあるが、アカウントのcalendar欄にある同期されないカレンダー名のOn/Offスイッチを切り替えれば読み込んでくれる。

Google play Music用の「gMusicW」アプリ。
13,000曲以上をGoogle play Musicにアップロードしているので、これは必須アプリ。

時計アプリ「時鐘」。
チャームを呼び出せば、日付、曜日、時間、バッテリーなどが表示されるが、ライブタイルでもほしいところ。このアプリはライブタイルに時間と日付を表示してくれる。その他、アラームとタイマー機能もある。

GoogleはWinストアには、単なるリンク集のGoogle Searchアプリしか公開していないので、上記アプリアプリで代用している。

その他、まだ英語版のFacebook、OneNote、yahoo天気・災害などをインストールした。

次にやっとUSB接続と給電のツールが整い、Photoshopやllustratorなど従来のデスクトップモードで展開するアプリケーションソフト群をインストールした。FTPアプリはパソコンごとにサーバー情報を管理する手間を省くため、ポータブルアプリとしてクラウド上にインストールしているFileZillaをデスクトップに置いたショートカットを通じて起動させる。
ちなみに「Galaxy NOTE3対応 USB3.0 Aメス OTGケーブル USB機器給電端子付」は本体への充電はできなかった。

Dropbox仕事のデータファイルは主にDropboxからアクセスしている。
前回の「ThinkPad 8 USBアダプタ編」から今回までの待ち時間を利用してDropboxとの同期はすませ、ThinkPad 8とクラウド間のステイタスは最新の状態にある。
設定は既存アカウントを入力さえすれば他に行うことは何もなく、同期中にパソコンがスリープ移行しないようにコントロールパネルの電源オプションにある「プラン設定の変更」から「コンピュータをスリープ状態にする」項目を一時的に「適用しない」に変更し、ひと晩放置しただけ。

最後に外出時に備え、スマホ(Xperia Z Ultra)とのテザリング設定を行った。
これまでテザリングは最も普及しているWi-Fiテザリングで繋いでいたが、今後は親機も子機も消費電力の少ないBluetoothテザリングにしたいと思う。親機のスマホも子機としてのThinkPad 8 もバッテリーを節約することができる上に、気軽に常時Bluetoothをオンにしておける。
設定方法は、親機(Xperia Z Ultra)のペアリング準備として、子機から親機を検出できる状態にしておく。Xperia Z Ultraの「設定 > Bluetooth」をOnにした状態で、「ペア設定した機器にのみ表示」をタップ。
Bluetoothテザリング一方、子機にあたるThinkPad 8は、デスクトップモードにて「コントロールパネル > ハードウェアとサウンド > デバイスとプリンター」を開き、「デバイスの追加」ボタンを押す。親機のXperia Z Ultraが表示されるので、選択して「次へ」ボタンをタップ。
それぞれに表示されたパスコードが一致していることを確認し、両端末とも承認をする。

実際にBluetoothテザリングを開始するには、ThinkPad 8側に追加されたXperia Z Ultraデバイスのショートカットをデスクトップに作成しておき、右クリックから「接続方法 > アクセスポイント」をタップすれば接続される。
また、多少なりともバッテリーの減りが気になって、スマホのBluetoothを常時Onにしていない場合は、BluetoothテザリングのOn/Offを切り替えるだけの「Bluetooth Tethering On Off」というアプリがあるので、ウィジェットとしてスマホのホーム画面に置いておくと便利だ。

さぁ、ThinkPad 8を持って出掛けよう。

関連キーワード: , ,
最近の関連する記事
過去の関連する記事