このページの先頭へ

茨城県土浦市・つくば市のホームページ制作、CMS、SEO対策、クラウド等を適正価格で提案するWEBソリューションパートナー

意外と見つからなかったXperia Z Ultraのスリーブケース

意外と見つからなかったXperia Z Ultraのスリーブケース

Xperia Z Ultraを購入し、6.4インチ画面の使いやすさにすっかりはまっている。
老眼の域にはまだ辛うじて達してないが、見やすく操作性に優れ、使いやすさに浸っている。
メールの文字入力は簡単に行えてビジネス向けのやり取りも楽々送信することができ、ホームページもパソコンと同様に難なく閲覧できるので、スマホ用ページに変換されることがむしろ煩わしいほどだ。
大画面の見やすさに加え、ブルーライトカット保護フィルムを貼っているので、ついつい長時間使ってしまう。唯一の問題はスマホでありながらそのサイズゆえに持ち運びに少々不便さを感じるときがあることだ。今は冬なので上着のポケットに何とか収まっているが、薄着になると仕舞う場所がなくなる。薄い筐体なのでズボンのポケットに入れると反り返りそうな気がするし、なにより歩くときに邪魔である。昔のVAIO Pよろしくジーンズの後ろポケットに無理やり入れる構図の再現になりそうだ。

そこでバッグに入れて持ち歩くことにした。
すでに近くのauショップで裏と側面を被うクリアケースは購入済みなので、インナーケースを探しはじめたが、なかなか良いものが見つからない。
バッグインなので見た目よりも衝撃緩衝と液晶保護ができる機能性を重視した安価なケースでいいのだ。

2chのグローバルモデルスレッドでXperia Tablet Pシリーズ用のキャリングポーチがXperia Z Ultra用に誂えられたと思えるほどちょうど良いサイズとの情報を得て、早速アマゾンで購入した。686円とかなり安かったのだがまさにジャストサイズのため、上記のクリアケースを付けた分だけ厚くなってしまい、かなり無理しないと入らない。

次にダイソー、無印良品、PCデポ、つくばロフト、ショッピングセンターの雑貨屋などを徘徊したが、目立ったものはなし。
その間、妻から借りたミーのペットボトル入れポーチにXperia Z Ultraを入れて過ごした。

ネットでXperia Z Ultra専用のケース、スマホホルスターなどを調べたが、いずれも他のケースを付けない裸のサイズを前提として作られているので、最終的には6から7インチ用の汎用ケースを購入した。
選んだものは、「SANWA SUPPLY タブレットスリップインケース」。価格は1,073円。
何と言ってもこの商品は100件を超えるレビューがあり、購入時の参考になった。
商品説明文の内寸サイズで横幅が左右1センチ位余分だったが、高さはほぼ同じ。持ち歩くわけではないので多少のサイズの違いには目をつぶるしかない。

ThinkPad 8の購入にあわせて買ったポーターのカバンにもしっかり収まった。
あとは、ハンドヘルド、ハンズフリーでの通話に対応した只今品切れ中のSmart Bluetooth Handset SBH52を入手し、カバンの中で聞こえづらい電話などに対応したいと思う。

最近の関連する記事
過去の関連する記事