このページの先頭へ

茨城県土浦市・つくば市のホームページ制作、CMS、SEO対策、クラウド等を適正価格で提案するWEBソリューションパートナー

Win8.1のGoogle play Musicアプリについて

Win8.1のGoogle play Musicアプリについて

Surface ProにAndroidアプリのエミュレータ「Genymotion」をインストールしたので、Google play Musicの使い勝手を試してみた。

Nexus10の画面からアプリを起動して曲を選択すると、もっさりと緩慢な動きで画面が追随し、ややこもったような曲が流れ出した。Surface Proのスピーカーの所為かなと思い、ブラウザーやgMusicWというwinストアアプリで聴き比べてみた。明らかに後者の方がクリアである。イヤホンで聞く分には問題ないだろうが、Genymotion経由だと音質が低下するようだ。

これまでSurface Proで音楽を聴くときは、前出のgMusicWを使用している。
このアプリは、Google music専用フリーアプリで、Androidの公式アプリとほぼ同等の機能を備えているので、バックグラウンド再生で、仕事のお供によく使っている。
収録曲、プレイリスト、アルバム別、アーティスト別、ジャンル別画面やランダム・リピート再生に対応し、画面右横にある広告バナーさえなければ、公式アプリといっても過言ではないほどの完成度である。

画面分割

画面分割

アーティスト詳細画面

アーティスト詳細画面

曲をアップロードするときはMusic Managerというアプリを使用するが、リアルタイムで追加した曲が更新されない場合があるので、その時はチャームからアカウントを選択し、リフレッシュすれば同期される。

当面はgMusicWで不自由なくGoogle musicのリストが聴けそうなので、Genymotionの出番はなさそうである。

関連キーワード: , ,
最近の関連する記事
過去の関連する記事