このページの先頭へ

茨城県土浦市・つくば市のホームページ制作、CMS、SEO対策、クラウド等を適正価格で提案するWEBソリューションパートナー

和製プレスリー

和製プレスリー

ポール・マッカートニーがプレスリーの墓前にギターのピックを供えたと自身のTwitterに投稿した。
エルヴィス・プレスリーはリアルタイムでは知らない。和製プレスリーといフレーズは子供の頃に耳にした。
和製プレスリーといって真っ先に思い浮かぶのは、宇宙戦艦ヤマトの主題歌を歌ったささきいさおである。
他にも小坂一也、本郷直樹といった方が和製プレスリーの異名をとっている。

今回は元祖和製プレスリーこと、小坂一也を取り上げてみる。
個人的には子供の頃に見た、ぎんざNOW!でウエスタンハットを被り上下ジーンズ姿で歌っていた姿や、俳優として活躍していた記憶が僅かに残っている。

「プレスリーイラスト掲載協力:アシクリエイティブ様」

多くのC&W(カントリー&ウエスタン)アーティストを輩出した成城学園で学び、ラグビーに親しんだ小坂一也は、高校在学中から米軍キャンプ回りのバンドに参加し、ラグビー部の先輩であり元・ワゴン・マスターズ藤沢恵治の紹介でワゴン・マスターズに加入。
1955(昭和30)年、コロムビアから和製ヒルビリーの代表作「ワゴンマスター」でレコードデビューし、アメリカで台頭したロカビリーのムーヴメントをいち早く取り入れた1956(昭和31)年6月リリースのエルヴィス・プレスリーのカヴァー盤「ハートブレイク・ホテル」が大ヒット。続くプレスリー・カヴァー第2弾「I Want You,I Need You,I Love You」や「優しく愛して」でブレイクした小坂一也は、「和製プレスリー」と称され、女性のティーンエイジャーを中心に人気を博す。

また、古賀政男作曲「青春サイクリング」やTVドラマ「無敵のライフルマン」などのヒットで歌謡界でも注目を集め、松竹との専属契約を結び俳優として「この天の虹」「恋の片道切符」といった多くの映画・テレビ・舞台に出演。

日本のカントリー・ウエスタンの草分け的存在でロカビリー・ブームの先駆者でありながら、松竹専属のため日劇ウエスタン・カーニバルには出演しなかった。

関連キーワード:
最近の関連する記事
過去の関連する記事