このページの先頭へ

茨城県土浦市・つくば市のホームページ制作、CMS、SEO対策、クラウド等を適正価格で提案するWEBソリューションパートナー

坂道のポパイ&オリーブ

坂道のポパイ&オリーブ

Google play Musicに作成したプレイリストの郷愁ソングに収めたある曲の話し。

高校三年生の秋の頃、学校から帰宅すると受験勉強のため数時間の仮眠をとって、徹夜で最後の追い込みをかけていた。
勉強のお供はオールナイトニッポン。勉強を終え、毎朝、眠い目をこすりながら自転車で登校した。自転車ならではの細い路地を通り、大通りに抜ける途中にある、当時はまだ附近の住宅もまばらだった緩い上り坂に差し掛かる道程で、アルフィーの「恋人になりたい」を口ずさんでいた想い出がある。

数時間前のラジオで覚えた歌だ。この歌は大学受験には出題されなかったが、受験勉強の気分転換には効果を上げた。
勉強中かけたまま聞いていたオールナイトニッポンの火曜二部を担当していたアルフィーの坂崎こうのとり(幸之助)の番組で流れた曲だ。冬将軍でプチブレイクした後のアルフィーのシングルであり、坂崎氏が初めてリードボーカルをとり、桜井氏のサビと三人のコーラスが印象的な曲。歌詞を改めて聞くと男の切ない失恋ソングなのだが、受験生にとって恋人という言葉は上っ面をなぞるだけで十分に胸をくすぐる響きがあり、素敵メロディーが加われば何の不足もなかった。
数千の英単語はすっかり忘れてしまったが、この歌は今でもフルコーラス歌える。

歌を口ずさんだ坂道は、装いは変わっても建ち並ぶ住宅街を縫っていまもずっと続いている。
最近はめったに通らなくなったが、目を閉じるだけであの時の学生服を着た自分の姿がみえる。ほんの少しだけ熱いものが胸にこみ上げてくる。郷愁を伴って。

誰にも時間と場所にリンクした想い出のメロディーはある。
ただ普段は忙しい日常に埋もれてしまってきこえないだけ。

関連キーワード: , ,
最近の関連する記事
過去の関連する記事