このページの先頭へ

茨城県土浦市・つくば市のホームページ制作、CMS、SEO対策、クラウド等を適正価格で提案するWEBソリューションパートナー

カレンダーアプリの向こう側に垣間見えるもの

カレンダーアプリの向こう側に垣間見えるもの

Windows8のカレンダーアプリからGoogleカレンダーのアカウントが消えた。
プレビュー版にはあったはずだが、Surface Proには見当たらない。
どうやら、Googleが複数のデバイス間で電子メール、カレンダーの同期を支援するExchange ActiveSync接続のサポートを終了したことで、Googleカレンダーをカレンダーアプリと同期することができなくなったようだ。

スマホではカレンダーのウィジェット機能を使って直近のスケジュールをホーム画面に表示している。Windows8でもスタート画面にピン留めしたカレンダーアプリのタイルに通知することが可能だったが、もうスタート画面でスケジュール管理はできなくなった。当然、カレンダーアプリにGoogleアカウントがなくなったので、Googleサービス利用者にはアプリそのものが使い物にならない。タイルを小さくすると、iPhoneのホーム画面のカレンダーアプリのように日付が出るので、今日は何日的な使い道しか思い付かない。(カレンダー単体でのアプリ削除はできないので。)
スケジュールの確認はスマホで十分に間に合うので、そもそもWindows8ではタブレット機としての携帯性や機動力は期待はしていなかったが、無くなってみると損した気分になる。いずれGoogleカレンダー対応アプリが出るはずなので、それまでは面倒でもデスクトップPC同様、ブラウザーから確認するしかない。

Googleが公式アプリをリリースしてくれればいいのだが、確か当分作るつもりはないとブログかインタビューで明言している。
現在は、Google Searchアプリがその代用になるかもしれない。検索、音声検索ができ、GmailやカレンダーなどのGoogleサービスにスピーディにアクセスできるアプリ。アプリといってもブラウザーでアクセスしたときと何ら代わり映えしないものなので、今後のアップデートに期待したい。

私はデスクトップアプリをメインで使うつもりでWindows8機種を買ったので、Windowsストアアプリの品質には目をつぶっているが、iPhoneやiPadユーザーにはどう映るだろうか。

最近、パソコンの売り上げが前年割れしているニュースを目にした。
見出ししか見ていないけど、おそらくパソコン購入層がiPhoneやiPadなどのスマホ、タブレット市場にシフトした結果、マイクロソフトの売上高が下がった記事であり、インターネット利用者は増え続けていると思われる。

上述したような不便さに加え、そもそもパソコンは初心者でもヘビーユーザーでも使用用途を区別することなく、同じ機種を販売する仕組みに改めて思い当る。
これまで個人ユーザーの大部分はメール、ゲーム、Webサイトの閲覧といった軽度のインターネットの利用を目的としてパソコン購入を検討してきた。なかには明確な理由付けがないままパソコンを購入する人もいただろう。
こうした一般ユーザーの利用目的と高スペックを追求し続けるメーカー間の乖離は広がるばかりで、少しだけインターネットでホームページを見たいだけなのに、そのためにはかなりのスキルが要求されるのではないかという例の間違ったレッテルを貼ってしまう。ようやくパソコンを手にしてもすぐには慣れないものなので、やはりパソコンは難しいもの、随分高い買い物をしてしまったという気分に陥る図式だ。

こうした状況下、ユーザーの実質的なニーズの受け皿として颯爽と登場したのが、iOSやAndroidといった新OSであろう。
モバイルとタッチスクリーンによる直観的な操作が可能になったインターフェースを備え、あっという間に普及し、ツイートやいいねが世界中を飛び交っている。
iPhoneやiPad、Android端末があればもうパソコンは不要になり、洋服のように身につけることができるiWatchやGoogle Glassとったウェアラブルデバイスも間もなく登場する。

企業においても、IT業界や一部の専門業務ソフトに縛られていない限り、パソコンに固執する必要がないことに気づきはじめたのだろう。

ますます従来のパソコンへの依存度は減りそうだ。

関連キーワード: , ,
最近の関連する記事
過去の関連する記事