このページの先頭へ

茨城県土浦市・つくば市のホームページ制作、CMS、SEO対策、クラウド等を適正価格で提案するWEBソリューションパートナー

ガールズ・ロック

ガールズ・ロック

今では女子中学生のロック・バンドがヒット・チャートの上位を占め、バンドルという呼称もあるほどだが、日本のロック黎明期にあたる60~70年代に女性がロックを表現するということは稀有なことであった。男性主導のロック界にはじめて頭角を現した女性アーティストは「内田裕也&ザ・フラワーズ」(後のフラワー・トラヴェリン・バンド)のギター兼ボーカルの麻生レミである。麻生レミはカヴァー・ポップス時代に麻生京子の名義「ハンガリア・ロック」でデビューし、ブルー・コメッツの専属シンガーを経たGS時代には「麻生京子とブルー・ファイア」でリーダーを務め、その後に在籍したフラワーズで日本のジャニス・ジョプリンと言われたキャリアを持つ本格的な女性ロック・シンガーである。

続く女性ロック・ヴォーカリストの草分けは、作家の寺山修司氏が主宰する演劇実験室「天井桟敷」の劇団員で、デビュー曲「時には母のない子のように」が大ヒットしたカルメン・マキであろう。この曲がリリースされた1969(昭和44)年という時代に翻弄された彼女は、デビューの出自と全共連の学生たちが安田講堂のバリケードで聴いた子守唄という楽曲のイメージ性からアングラのレッテルを貼られてしまう。ジャニス・ジョプリンの影響下でロック指向の彼女は過去を払拭するために、ブルース・クリエイションとの共作を経て、カルメン・マキ&OZで再デビューに至り、現在もライブハウスを中心に音楽活動を展開している。

1971(昭和45)年、フォーク・クルセダーズ解散後の加藤和彦がグラム・ロックの要素を取り入れたサディスティック・ミカ・バンドでは彼の妻であるミカが注目を集めた。ジューシィ・フルーツに参加したイリア(奥野敦子)が在籍していたメンバー全員が女性編成のガールズは、過激なコスチュームで話題になったTHE RUNAWAYS(ランナウェイズ)の日本版として1977(昭和52)年にデビューした日本初のガールズ・バンドである。

こうしたアーティストの活動が下地になり、1980年代には多くの女性アーティストたちがデビューしている。パンク・ニュー・ウェイヴ勢のゼルダ、タンゴ・ヨーロッパ、戸川純のゲルニカ。へヴメタ系の浜田麻里、ロックの女王と呼ばれた白井貴子らの女性ロッカー。和製マドンナことNOKKOのレベッカやビート系ロックで異彩を放った男女デュオの杏子が在籍したバービー・ボーイズ。また、寺田恵子が率いるハードロック系のSHOW-YA、「あいにきて I・NEED・YOU!」がヒットしたGO-BANG’Sなどが挙げられる。その中で最も注目するアーティストは赤坂小町というアイドル・バンドから脱却し、1986(昭和61)年に再デビューしたPrincess Princessである。「Diamonds」の大ブレイク、その後も「世界でいちばん熱い夏」「ジュリアン」「M」と立て続けにチャートに楽曲をランクインさせ、1989(平成元)年に女性バンドとしては初の武道館ライブを成功させ、人気を不動のものにした。

多くの女性アーティストや女性をフロントに配したバンドの活躍は、1990年代以降のJ-POPシーンの主流のひとつである Every Little ThingやJUDY AND MARYといったスタイルへの発展に寄与しているといえるだろう。(2001年12月23日)

関連キーワード: ,
最近の関連する記事
過去の関連する記事