このページの先頭へ

茨城県土浦市・つくば市のホームページ制作、CMS、SEO対策、クラウド等を適正価格で提案するWEBソリューションパートナー

Office 2013 CP版 in Win8 RP版

Office 2013 CP版 in Win8 RP版

Office 2013のCP版が公開されたので、さっそく試してみることにした。
今度のOfficeの最大の特徴は、Win8に最適化され、タッチパネル端末にも対応したインタフェースということだったので、インストール先にはWin8 RP版が入っているacerタブレットを選んだ。

Win8のストアーから提供されるメトロアプリかと思ったが、マイクロソフトのサイトからダウンロードする従来のデスクトップアプリである。

インストール後、スタート画面にピン留めされたWordやExcelのアイコンをクリック。
今使っているOffice 2007と見た目はさほど変わらず、よく使う機能は引き続き同じ操作で実行できた。
大幅な変更があったら覚えるのが面倒だなぁと懸念していたのでこの点は一安心。
きっと多くの新機能が追加されたのだろうが、元々特定の機能しか使っていないので、わざわざ習得に時間を割きたくなかったのだ。

当然下位バージョンで作成したファイルはレイアウト崩れもなく開けたが、Excelの既存ファイルをタッチパネルで操作する場合、複数セルにまたがった範囲指定を行うとアプリの画面全体がスクロールしてしまうといった残念な結果になった。新規作成したファイルなら罫線や範囲指定などもタッチパネルで簡単に操作ができた。

次にファイルの保存メニューを見た。
マイクロソフト社のクラウドサービスSkyDriveを保存先として指定できるということだったが、ローカルフォルダーしか保存先がない。
いろいろ試行した結果、ユーザアカウントの切り替えから、Windows Liveアカウントにログインすると保存先にSkyDriveが追加された。
これで複数のデバイスにまたがった編集作業が行えるわけだ。

ただし、困ったことが起こった。
DropboxやGoogleドライブは同期するフォルダーを指定できるのだが、SkyDriveはそういう機能がなく設定フォルダー下の全ファイルが同期されてしまうのだ。

私の場合、SkyDriveは初期ユーザの特典で容量が25Gあることから、主にデジカメ画像を置いているのだが、他のパソコンと同期しているので残り容量が10Gを切ったacerタブレットにはデジカメ画像は入れたくないのだ。
他のオンラインストレージに保存できるような記事を見かけたが、そのような設定は見つからず、クラウド保存機能も捨てがたいので、仕方なくSDカードを偽装HDD化したDドライブにSkyDriveフォルダーを再設定することで問題を回避した。

上記はクラウド移行の過渡期的な事象と位置付けている。
その先には、クラウドでOfficeを利用できるOffice 365が待っているわけだが、Officeアプリだけクラウドにしても如何なものかと思うが、現行で¥600 /1 ユーザー/月(プラン P1)という比較的検討できる価格帯になっている。

Office 2013 CP版は、来年の6月まで有効期限があるので、Win8同様に動向を注目していきたい。

関連キーワード: , , ,
最近の関連する記事
過去の関連する記事