このページの先頭へ

茨城県土浦市・つくば市のホームページ制作、CMS、SEO対策、クラウド等を適正価格で提案するWEBソリューションパートナー

疑似ランデブー

疑似ランデブー

早朝に出掛けた用事が意外と早く片付き、某所のスターバックスに立ち寄った。
注文後、奥のソファーに腰掛け、イヤホン越しに聞こえるクラウドから届く曲を浴びて、周りの騒音を背後に押しやった。

スマホからメールをチェックすると、WordPressに設置したカスタムフィールドから画像がアップロードできないというお客様からのメール。
さすがにスマホからは検証できないので、タブレットを取りだした。Windows 8 Consumer Preview をインストールした Acer ICONIA TAB W-500 である。

連絡があったサイトのようにPHPがセーフモードで動いているサーバーは、ファイルのアップロード処理がうまく動作しないため、該当PHPをCGIモードとして動かす.htaccessファイルをwp-adminディレクトリに設置する必要がある。

<files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<Files plugin-install.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
<Files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
<Files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

FTPで確認したが、記述ミスはない。
動作確認ではアップロードできていたので、当然である。

次に考えられるのが、このサーバーにありがちな画像アップロードに指定したフォルダパーミッションかファイル所有者の問題である。
安易にそう思ったが、サーバー管理画面から再設定しても、アップロードを受け付けてくれない。

さて、どうしたものかと思い、カスタムフィールドからではなく、通常の画像アップロードを試してみたところ、問題なく掲載できた。

上記の.htaccessに、カスタムフィールドでファイルのアップロード時に関わる

<files post.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

を加えて、無事解決。
納品前のアップロード動作確認は怠らなかったのだが、制作の過程でサーバーが移転したので、ちょっと想定外のことに陥ってしまった。

大きな伸びをひとつして、タブレットに落とした視線を店内の窓の向こう側に移すと、四角い窓に切り取られたまぶしい青空が見えた。
なんとなく、Windows 8に設定したピクチャパスワードの画像に似ていた。

関連キーワード: , ,
最近の関連する記事
過去の関連する記事